高脂血症のタイプや治療について

高脂血症の特徴

スポンサード リンク

高脂血症とは、血液中に含まれる脂質が過剰な状態をいい、治療せずに放置すると、心臓病や脳卒中を引き起こします。

そして高脂血症は、血清脂質が常に供給過剰や生産過剰の状態になると生じ、特にリポたんぱくの代謝が上手くできなくなると生じます。

また高脂血症はほとんど無症状なので、健康診断や人間ドック、他の病気での血液検査で見つかることが多い病気です。

ただし、冠動脈や末梢動脈で動脈硬化が進行している場合には、動脈硬化を起こした部位で痛みや痺れが現れることもあります。

さらに高度の高脂血症では、肘・膝・手指の関節などに、結節性の黄色種という独特のコブの症状が見られることもあります。

しかし高脂血症になっても、正しい治療と適切な生活管理を実行すれば、心臓病や脳卒中を高い確率で防ぐことができます。

Copyright © 2011 高脂血症@ガイド. All rights reserved.