脂肪

脂肪

スポンサード リンク

脂肪とは、多くの動物の体内にある脂のことで、栄養の立場から見ると炭水化物とタンパク質とともに、三大栄養素の一つとなっています。

そして食事で摂った余分な脂肪は、病気や飢餓などのような必要時に備えて、多くは中性脂肪であるトリグリセライドの形で、体内の脂肪組織に蓄えられます。

しかし、体内で脂肪分が過剰に蓄積された状態では、肥満以外にも様々な弊害が起こります。

なお、血清成分の中に含まれる脂肪分を血清脂質といい、コレステロール・中性脂肪・リン脂質・脂肪酸の4種類に分類できます。

そして、どの種類の血清脂質も体にとって不可欠ですが、現代人では血清脂質が増えすぎた場合に問題が生じます。

Copyright © 2011 高脂血症@ガイド. All rights reserved.