運動療法

運動療法

スポンサード リンク

運動は肥満予防だけでなく、多くの病気に対して優れた効果があり、糖尿病・高血圧・心臓病・高脂血症などの改善に効果があります。

そして体をよく動かしている人ほど、リポたんぱくの代謝機能が良く、虚血性心疾患の発作もある程度抑えることが明らかになっています。

また高脂血症との関わりでいうと、運動は特にトリグリセライドを低下させ、HDLコレステロールの増加に効果があります。

さらに運動療法は、比較的強い持続力を要求されるスポーツの方が、効果が高いことが分かっています。

そのため効果的な運動の種類としては、ジョギング・早足歩行・水泳・柔軟体操などが挙げられます。

ただし運動の効果を確実にするためには、毎日もしくは週に何度か続ける必要があります。

Copyright © 2011 高脂血症@ガイド. All rights reserved.